8月20日ニセコアンヌプリ

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 11:46

久しぶりに山の様子を見に『ニセコアンヌプリ』に登ってきました。

雨続きだった為、登山口から見返り坂まではぬかるんでました。

 

お花は寂しくなってきていますが、『ミヤマアキノキリンソウ』

『ヤマハハコ』が綺麗に沢山咲いています。

 

『アカモノ』や『シラタマノキ』の実も沢山みる事が出来ました。

 

山は秋へ向かい、どんどん寒くなってきています。

(この日は蒸し暑かったですが・・・)

防寒着等、忘れずにお持ち下さい。

8月7日ニセコアンヌプリ

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 13:19

アンヌプリの様子を見に行ってきました。

 

天気は晴れていましたが、風が強く登っている最中は気持ちがいい!!

しかし頂上付近は寒く、皆さん避難小屋で休憩していました。

天気が良くても防寒着等忘れずにお持ち下さい。

 

お花は「ミヤマアキノキリンソウ」「ミヤマホツツジ」

「ヤマハハコ」「ノリウツギ」などが綺麗でした。

他にも「ヨツバヒヨドリ」「イブキゼリ」「シラネニンジン」

「オオヤマサギソウ」「ウメバチソウ」などのお花を見る事が出来ます。

 

「アカモノ」「シラタマノキ」「ノウゴウイチゴ」などの実も見れました。

 

ハチが多くなってきております。

もし周りを飛び回られたりしても振り払ったりせず、静かに移動しましょう。

7月6日 ニセコアンヌプリ

  • 2018.07.07 Saturday
  • 11:47

ニセコアンヌプリの登山道の様子を見に行きました。

大雨の後で、まだ水が流れていたり、濡れた岩が滑りやすく

なっていました。

登山口付近はとくにドロドロにぬかるんでいます。

 

 

 

また、下の土が雨で流され浮いている不安定な石もたくさんあります。

不用意に足を置くと転倒する怖れがありますので、ご注意下さい。

 

花もいろいろ咲いていました。

 

 

 

 

 

6月10日ニセコアンヌプリ

  • 2018.06.11 Monday
  • 12:40

6月10日アンヌプリの登山道の状況を見に行ってきました。

 

登山道上には残雪が一部ある所もありましたが、ほぼないです。

登山口から見返り坂までは結構ぬかるんでいますので、スパッツ等

があると便利です。

 

お花も咲き始めています。

ミヤマキンバイが見頃で綺麗です✿✿

10月18日 ニセコアンヌプリ

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 14:45

五色温泉では昨夕から今朝にかけ雪がつもりました。

 

これにともない近隣で通行規制がでていましたがもう解除されています。

最新の情報はこちらのリンクで確認できます。(ニセコは後志地方です。)

http://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/RoadInfo/index.htm

 

 

札幌も定山渓で降雪が観測されたらしく、居住エリアでの初雪に

大半の世の人たちにはネガティブなイメージがあるようですが、

ニセコに集う冬山好きな人たちには朗報です。

というわけで全国屈指のスキー場の現在の様子を少しみてまいりました。

 

雪が登山道を埋め尽くしていましたが、凍ったところはなくアイゼンやアックスなどは必要ありませんでした。

雪の下に何があるのかわからないので、ウォーキングポールを携行することをおススメします。

浮石も小枝も小石も踏み抜くところもありますので、まさに転ばぬ先の杖です。

だれかの足跡をたどりすぎるのも信用できない場合もあります、慎重に歩きましょう。

雪があるのでいつもの山がなんだか違う登山道のように感じ新鮮な気分になりました。

 

 

いつもどろどろの出だしの階段は雪だろうが晴れだろうが

あいかわらずべちゃべちゃです。

 

これはこれで気持ちいいです

 

 

危険箇所は危険箇所

 

尾根から見下ろす沢から下は秋の様子です。

雪からの秋晴れで昆布岳まできれいに見渡せました。

 

 

標高も1000mを越えてくると雪がふかふかしてきました。

半年ぶりの感触です。

 

場所によってふきだまっている所では足首より上まで積もっていました。

ちなみに本日の私の服は上下とも軽めのスキーウェアです。

 

 

イワオヌプリも白化粧

 

 

山頂からスキー場と羊蹄山を見渡します。

さすがにまだ滑れる状態ではなさそうですね。

まだ10月なのでゆっくり冬支度を整えましょう。

 

 

10月11日 ニセコアンヌプリ見返坂

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 14:21

今夜〜明朝は峠や山では雪の予報です。

標高750mの五色温泉インフォメーションセンターでは朝から5℃以上になりません。

 

イワオヌプリ山頂では雪と来館者の方からご報告がありました。貴重な情報をありがとうございます。

14:30現在センターから見渡す限り、天候は雪ではなく雨です。

 

 

さて今日の紅葉チェックはニセコアンヌプリ見返坂です。

五色温泉付近では紅葉の見ごろはピークをすぎてしまったので、標高をさげていきます。

見返坂は五色温泉(標高750m)からニセコアンヌプリ国際スキー場山麓(標高420m)となっております。

 

紅葉は見ごろのピークです。

 

まず登山道部分(標高750m〜560m)の様子です。

落ち葉でかさかさふかふかです。

昆布岳もかわいくみえました。

夏は歩きづらいほどぼうぼうだった草も秋になりだいぶ元気がなくなりました。

 

 

登山口付近です。(標高560m)

赤やオレンジが鮮やかです。

 

 

作業道から山麓まで(560m〜420m)

モイワ山がきれいに見渡せます。

作業道は砂利道です。

 

 

 

麓のホテルの看板前(標高420m)

緑、黄、黄緑、オレンジと岩もあり鮮やかでした。

 

 

登山道自体のもう少し詳しい説明は下記リンクにてご確認できます、参考になさってください。

http://info-goshiki.lion-adventure.com/?eid=389

 

 

 

 

 

9月20日 ニセコアンヌプリ

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 14:30

大型の台風18号による羊蹄山登山道への被害がでているようです。

 

詳しくはこちらのリンクへお願いします。

http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/tourism/yoteizan/news/

 

こちらは大丈夫でしょうか?人気の高いニセコアンヌプリの様子を確認してきました。

 

登り始めるとまず真新しい段がつけられていました。

いつも湿っていてどろどろの歩きにくいところです。

朝からなにか音がなっていたので気になっていましたがこの作業をしていたようです。

作業員2名だけで木材やビスやハンマーなどを持って歩いてきての作業、大変ご苦労様です。

陰でこういうことをしていただいているのですね、感謝して登らせていただきます。

ちなみに地元の木材を使用しています。

 

 

さて、倒木ですが。。。

 

登山道への干渉は確認されませんでした。

よかったです。

 

豪雨で登山道が川と化していたことが想像できました。

 

また、いつものちょっと危ない細いところはより細くなったような、そんなに変わらないような。。。。?

 

 

さて、ニセコアンヌプリ 五色温泉ルートの安全は確認できましたので

紅葉の様子を見てみましょう。

 

山頂付近の草

 

標高1100〜1200m付近

 

南東(モイワ山)方面

 

北西(イワオヌプリ)方面

 

登山道から山頂方面を見上げる

 

 

 

 

ニセコアンヌプリ 見返坂 草刈り

  • 2017.09.09 Saturday
  • 11:44

先日このブログでもお伝えしましたが、

ニセコアンヌプリ見返坂分岐の草刈りが実施されたとの情報が入りましたので、

ご案内いたします。

 

見覚えのある分岐の看板です。

以前はこの見返坂方面は草だらけでしたが、

北海道森林管理局の方が草刈りをしてくれました。

 

すっきりです!

モイワ山も見えますね。ありがとうございます。

 

 

 

9月4日 ニセコアンヌプリ

  • 2017.09.04 Monday
  • 15:16

ニセコアンヌプリの様子を見てきました。

 

今日は晴れの予報でしたが風が強く、雲の動きも早いなぁなんて思っていたら、

山頂から下山し始めようとしたときに雨に降られました。

20分ほど、強い雨が降りました。

 

 

皆さんも予報にかかわらず雨具は装備に入れましょう。


 

登山口のとなりに作業道があります。

アンヌプリスキー場方面へ歩いて行かれる方はこの作業道の通行(歩いて)をおススメします。

すぐ下に書きますが、正規ルートは藪化しています。

 

 

さて今日はニセコアンヌプリ登山口からスタートです。

入林記帳所もここにあります。

 

登山口から20分ほどで見返坂との分岐に出ます。

見返坂方面は草刈りされていません。

ご覧のとおり藪漕ぎとなります。

正規ルートはなんとなく藪の背丈が低くなっているので、

普段から道のないところを藪漕ぎしている方にはたいしたことないですが、

藪漕ぎしたことのない方や

草が生い茂っている程度を藪漕ぎと呼んでいる方にはおススメできません。

 

今月中に草刈りされる予定だそうです。

 

 

 

 

山頂へのルートはわかりやすいです。

途中、あと2000m、などの看板もあります。

 

振り返ると

イワオヌプリがこんなふうに見える場所が何か所かあります。

道路を走る車や、五色温泉の建物も見えます。

あそこから自分の足で登ってきていると思うと、どこまでも行ける気分になってきませんか?

 

ジグザグのガレ場でふと上を見上げると少しずつ紅葉し始めています。

 

山頂。ガスがかかってしまいました。

雲の動きが早く、倶知安やニセコの町が見えたり隠れたりしていました。

 

 

 

 

鏡沼方面へは上の写真の向こう側にある、この道を下っていきます。

ルートはやや不明瞭です。

 

山頂部から鏡沼が見えます。

 

 

見かけた動植物を紹介します。

 

マイヅルソウの実。そろそろ見ごろになってきました。

 

ナナカマドの実。

たくさん落ちているのですがなかなか木になっているものが見つけられず、

中腹でやっと見つけました。

 

色とりどりのお花が咲き、お花畑のようです。

中腹の道の両脇はずっとこんな感じです。

 

エゾオヤマリンドウ、ヨツバヒヨドリ、ヤマハハコ、ミヤマアキノキリンソウ。

 

 

ゴゼンタチバナの実。数は多くはありません。

 

虫こぶ。中に虫が入ってます。

ハイマツ帯から上で目立ちました。

 

 

かじられたハイマツの実。

リスでしょうか。食べ終わった実がたくさん落ちていました。

 

最後に。。。

登山者の中には、

残念なことにストックのキャップをつけていない方がたくさんいらっしゃいました。

 

キャップなしのストックをつくと、上の写真のように穴が開きますね。

たくさんの穴が開くとどうなるか。

登山道の土が流れやすくなり、道の劣化が早まります。

 

また、ストックをついた場所によっては植物が傷つき、本来の姿ではなくなってしまいます。

 

ルートを見つけた方や登山道を整備した方など、先人たちのおかげで登山ができるということを、どうかお忘れなく。。。

ご理解とご協力をお願いします。

8月30日 ニセコアンヌプリ見返坂

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 16:33

先日お問合せのあったニセコアンヌプリ見返坂の様子をみてきました。

(いこいの村〜見返坂登山口〜作業道路を通って五色温泉までのルートへ行きました。

作業道路を通らず本来の登山道を見返坂分岐まで登っていくルートは、草刈りされておらず藪化しているため、行っていません。)

 

ニセコアンヌプリをスキー場側から登り、五色温泉に降り、五色温泉からスキー場に戻る場合に使うと便利です。(逆回りももちろん可能です。)

 

標高差は300mほどです。名前のとおり坂のような道をずっと歩いていく、

森林浴・フットパスのような気持ちよい道です。

 

今回はアンヌプリ国際スキー場側から歩いてみます。

スキー場側の入口は少々戸惑うかもしれません。

Nook、アンヌプリゴンドラ乗り場方面からY字の交差点に来ます。

 

そのあとは

え?こっち??

という感じの従業員用の裏道のような方へ進みます。

 

ノーザンリゾートアンヌプリの裏をぐるっとあるくと

アスファルトの舗装が終わり砂利の作業道になります。

 

スキー場と3回接触しますが、登りの場合は基本的に右側の道は3回ともスキー場です。

左の道を進んでください。

(もちろんくだりの場合は逆ですよ。)

特に2017年夏季は新規リフトの工事を行っています。

スキー場側には入らないようにしましょう。

 

ときどき小川が流れています。

天気がいいとキラキラしてます。

 

砂利道が草に覆われ、轍の道になってきます。

歩いていくと、おや?

 

作業道が終わり、ここから登山道です。

 

草ぼうぼうの箇所もありますがさほどひどくありません。

 

粘土質でさらに苔が生えていて非常に滑りやすい箇所もあります。

 

あんな高いところになにやら英語でSLOW DOWNと書いてあります。

スキーヤー・スノーボーダーへのスピード出しすぎ注意のサインです。

冬はあのサインが目線、もしくは足元になるくらい雪が積もります。

 

途中看板がありますが残念ながらあまり眺望はよくなく、休憩する感じでもありません。

 

 

途中イワオヌプリが山頂までみえました。

五色温泉インフォメーションセンターからはいつも見えないのでちょっとうれしいです。

 

ここだけいつも水が溜まるポイントなのでしょうか、

写真ではわかりませんがオタマジャクシも育っていました。

板が渡してありますが、水に浮いているので動きます。

気をつけて!

 

分岐点です。

ニセコアンヌプリ山頂方向は藪だらけです。

(*9月初旬に草刈りが行われる予定です)

 

ニセコ野営場側からみた見返坂方面の出入り口です。

ニセコアンヌプリ山頂方面とは違い、一般車両立入禁止のはっきりした道が見返坂方面です。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Yahoo!天気・災害

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM