10月4日 神仙沼

  • 2018.10.04 Thursday
  • 15:15

神仙沼周辺の様子を見に行きました。

 

湿原の周りや森の中も全体的な紅葉はもう一歩かなといったところでした。

 

 

 

しかしながら、今位がちょうど見頃となっている木々も随所にありました。

 

 

また、夏から秋にかけての雨風の影響なのか既に葉が半分くらい落ちて

しまっているものや傷んでしまっている葉も少なくありませんでしたので

今後どこまできれいに色づいていくのか気になるところです。

 

なお、先日まで補修工事中となっていた木道の海側のルートですが、

通行できるようになっていました。

とは言っても、ここに限らず道中の木道は相変わらず傷んでいたり傾いて

いる所があり、また、濡れていたり落ち葉が湿っていたりすると非常に

滑りやすく危険です。注意して歩いて下さい。

 

 

神仙沼周辺の様子

  • 2018.09.14 Friday
  • 14:01

神仙沼周辺の様子を見てきました。

大谷地湿原側から神仙沼へ向かう途中一か所で進行の妨げになる倒木があります。

全く通れないわけではないですが、覆っている枝を手で押し分けながら、
またいだりくぐったりしなければなりません。

 

反対側から、トドマツとハウチワカエデが倒れてます。

木道の劣化が進んでいて、崩れかけている所が多数あります。
足元に気をつけて進んで下さい。

湿原の色が徐々に黄金色に近づいてきました。

周辺の木々はあと2週間ほどで色づくでしょう。

 

 

 

神仙沼の様子

  • 2018.08.24 Friday
  • 14:06

神仙沼周辺の様子を見てきました。

沼のほとりではサワギキョウの花がまだ見られます。

 

湿原いっぱいに散りばめられたように咲いている白い花。

ウメバチソウが見ごろです。

 

オオカメノキの実は赤から黒に熟してきてます。

 

森の中でひときわ目を引くのは、クロツリバナ。

花の後にできた実がぶら下がっていました。
一部で紅葉した葉がありますが、全体的な紅葉は9月下旬〜10月上旬ころです。
山の上は、徐々に気温が低くなっています。
登山の方はウィンドブレーカー等、防寒の準備をお願いします。

7月31日大谷地〜神仙沼レストハウスの様子

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 14:41

神仙沼は木道も敷かれていて、時間もたいしてかからず一周できるということで

人気ですが、それでも時々道に迷っている方などにもお会いすることがあります。

また、日陰はほとんどないので、日よけの帽子、水分塩分の補給をお忘れなく。

 

今日はあまりひと気のない、大谷地から神仙沼を通り神仙沼レストハウスまでの様子を見てきました。

 

大谷地の登山口は、道路沿いにあります。駐車場から道路を渡って行きます。

スピードを出している車が多いので十分注意してください。

 

倒木あり。跨ぐと言うよりも乗り越えると言ったほうが正確です。

 

ところどころ木道がありますが、崩れていたり、段差があったりします。

 

神仙沼が近くなると、神仙沼にいる方々の足音や声が聞こえてきました。

 

 

神仙沼の湿原の木道は、段差はあるものの大きな破損はなく、比較的歩きやすいです。

日陰が全然ありませんので、今日のような日はかなり暑いです。

 

レストハウスへの道は、両脇から木々が生い茂り、かがんだりよけたりする所がありました。

 

また、途中二股に分かれますが、神仙沼から向かうと左側(レストハウスから向かうと右側)のルートは、

通行止めとなっていました。

 

 

今が見ごろのお花の写真です。

 

ナガボノシロワレモコウ

 

タチギボウシ

 

 

他、モウセンゴケの花や、モウセンゴケに虫がつかまっている様子なども観察できました。

ウメバチソウは咲き始めでした。

マイヅルソウ、オオカメノキ、ナナカマド、クロツリバナなどが実を結び始めました。

 

カオジロトンボやアオイトトンボの仲間がたくさん飛んでいました。

 

神仙沼周辺の様子

  • 2018.06.24 Sunday
  • 10:26

ワタスゲの白い穂が、神仙沼周辺の湿原で広がり見ごろを迎えています。

ミツバオウレンもたくさん咲いていました。
チングルマの花は一部の場所で少し残っている程度。
湿原へ向かう途中の道は「段差あり」「段差なし」の二手に分かれていますが、
現在「段差なし」の道は通行出来ません。

湿原以外では、地味だけどクロツリバナ満開。
ミネカエデ。
オオカメノキなどの花が目立っていました。

神仙沼の様子

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 10:33

6月1日に神仙沼レストハウスがオープンし、売店、トイレは使用できる状態です。

 

こちらは6月5日の様子。

神仙沼周辺の残雪はだいぶ解けているものの、数カ所で木道を覆っていました。

 

湿原の木道は問題なく歩けます。

 

ショウジョウバカマがお目見え。ミズバショウの花もありましたよ。

チングルマやミツバオウレンはこれからになります。

10月16日 大谷地〜神仙沼

  • 2017.10.16 Monday
  • 16:04

青い空が広がっています。

 

朝八時の五色温泉の気温は3℃でした。寒いです。

 

パノラマラインが冬期通行止めになる前に、神仙沼の様子を見に行ってきました。

路面の凍結、降雪、通行止め情報など、お出かけ前に今一度、ご確認ください。

 

【今日のルート】

谷地駐車場〜神仙沼 約25分

神仙沼〜神仙沼レストハウス(駐車場、トイレ、売店あり) 約25分

神仙沼レストハウス〜大谷地駐車場 約15分

 

 

 

大谷地から神仙沼へ行く登山道の入口です。

よく見ると看板に悪路注意と書いてあります。

あまり人も通らないし、ぬかるみや木道の破損の多い道です。

多少アップダウンもあります。

 

歩き始めて数分で、ダケカンバが幹ごと折れていました。

先日の台風で折れたのでしょうか。

足元の枝はまたげば問題ありませんが、

 

頭上の幹には要注意です。

何かの拍子に幹が落ちてくる可能性があります。

 

立ち止まったりせずに素早く通り過ぎましょう。

 

こんな状態でつながっています。

ヒヤヒヤしますね。

 

 

木道も古く滑りやすいです。破損箇所も多いです。

さらに、この時期は落ち葉も多く、

落ち葉の下にこんなふうに穴が隠れていることもあります。

 

 

登山口から25分ほどで、神仙沼に到着しました。

紅葉していた葉もすっかり落ちました。少し寂しいような雰囲気が漂っています。

 

 

よく見ると神仙沼の木道のへりに白いカラカラになった植物がたくさんあります。

これはある植物が実を結び、それが熟し、種をこぼしたあとの殻です。

ここで咲いていたお花、思い出せますか???

 

紫色の、お花です。

殻のついている所に、お花が咲いていました。

 

答え、

サワギキョウです。

 

他にも、エゾカンゾウやタチギボウシなんかの殻も目立ちました。

 

夏に咲いていたあのお花が、今どんな姿になっているか、

また今の時期のカラカラになった姿を見て、どんなお花を咲かせていた植物なのか、

推理したり、想像したり、調べたりするのも、楽しいです。

 

湿原の紅葉は、草紅葉(くさもみじ)とも呼ばれています。

 

こちらの池塘では、池塘のヘリを見る事ができます。

いつ行っても水がしみ出しているところを見ることができました。

泥炭は水をたくさん貯え、濾しているそうです。

こうして実際水がしみ出しているのを見られるのは興味深いですね。

 

 

また別の池塘ではおそらく池塘の底から泥炭の一部が浮かんできたものが見られました。

鏡沼などで観察できる、「浮島」をご存知ですか。

文字通り、池塘に浮かぶ島です。浮いているので、風に揺られると動きます。

 

浮島のでき方には何通りかあり、池塘の底が一部浮かんできてできる浮島もあるようです。

上の写真のものは非常に薄いですし、このあと浮き続けるかどうかもわかりませんが。

 

 

神仙沼レストハウスまでの道のりで、

オオカメノキの冬芽に出会いました。

形がなんとも可愛らしいです。

 

 

こちらが神仙沼レストハウスから神仙沼へ行く入口です。

紅葉の見頃は終わりましたが、たくさんの人でにぎわっていました。

10月3日 神仙沼

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 13:37

10月がはじまりました。

道内各地から紅葉の便り、ときおり雪や霜の情報も耳にするようになりました。

ニセコ町五色温泉付近でも先週あられが降り、今週後半氷点下になる予報がでております。

お越しの際は最新の天気予報にご注意ください。

 

パノラマラインでは湯本温泉(雪秩父)以高(標高600mくらいより上部)で道路沿い、道路から見渡せる紅葉が見ごろとなっております。

車両で通行の際はわき見運転しないよう、速度にもご配慮をおねがいします。

 

 

 

さて神仙沼の状況をみてみましょう。

 

入口

木道沿いも色づいています。

 

見ごろです!

 

 

針葉樹と広葉樹のコラボレーション

 

秋ですね。

写真は見にくいですが、奥にみえるチセヌプリも色づいています。

ちょうど団体さんが歩いています。にぎやかです。

 

ちょっとあしをのばして長沼の湖畔まで行ってみます。

 

うーん、逆光です。

雰囲気が伝わっていると幸いです。

左のチセヌプリ、山頂は雲の中です。

 

少し角度を変えてみました。

 

帰りは階段なしの迂回路を通りました。

良いです。

 

 

展望台から見える日本海側。

野畑も秋の装いでした。

9月13日 神仙沼

  • 2017.09.13 Wednesday
  • 15:28

大雪山系では紅葉が見ごろということで賑わっております。

ニセコ界隈でも羊蹄山の山頂付近(1700〜1898m)は鮮やかな紅葉が見られるようです。

 

それぞれ詳しくは別途お問合せ下さい。

 

大雪山(層雲峡)

http://sounkyovc.net/

 

 

大雪山(旭岳)

https://ja-jp.facebook.com/%E6%97%AD%E5%B2%B3%E3%83%93%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-1257161287656591/

 

 

羊蹄山

http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/tourism/yoteizan/

 

 

さて、はたしてニセコ山系は。。。ということで今日は神仙沼の様子をみてきました。

 

入口でさっそく色づいた葉っぱが散らばっています

 

色づき始めています。

なんだかセクシーです。

 

木道沿いもところどころ色づいています。

天気が良ければもう少し鮮やかに見えたでしょう、残念です。

 

いつもの標識の周辺は黄色だけやや始まっています。

 

標識からぐるっと順路に沿ってくると、、、

この辺りはなかなか良かったです。

 

せっかくなので足を少し伸ばして長沼にもきてみました。

チセヌプリの上部はやや紅葉が始まっているようですが、見ごろはまだ先の様です。

 

 

紅葉狩りにお越しの際は気温や天気の変化に十分ご注意ください。

五色温泉インフォメーションセンターは標高750mなので、

ニセコ町市街地と5℃ほど気温差があります。

また、山の上は風を遮るものがない場所も多々あります。

準備・装備のほうぬかりなく、おねがいします。

 

8月31日大谷地駐車場〜神仙沼〜神仙沼レストハウス

  • 2017.08.31 Thursday
  • 15:45

今日は気持ちよく晴れています。

 

朝八時の五色温泉インフォメーションセンターの気温は12℃でした。

寒かったです。

 

今日は大谷地駐車場〜神仙沼〜神仙沼レストハウスの様子を見てきました。

 

大谷地駐車場から神仙沼まではあまり人が通りません。

今日も誰にも会いませんでした。

刈り払いはされているのでルートはわかりやすいです。

 

神仙沼周辺湿原ではウメバチソウが見ごろです。

また、トンボがたくさん飛んでいました。アキアカネも赤くなりました。

 

 

大谷地からの道です。

アップダウンはほとんどありません。

 

木道には破損している箇所があります。

なんと、破損していないところを踏んだら、

木道がびよーんとたわみました。

 

バキっと折れるのではなくたわむとは驚きました。

木道が湿っていたせいかもしれません。

 

折れてもおかしくない状態だと思います。

慎重に進みましょう。

 

神仙沼までだいたい30分ほどです。

神仙沼に着きました。

 

 

逆さチセ。

池塘にチセヌプリが映って綺麗ですね。

 

ウメバチソウが見ごろです。

 

ナナカマドの実が赤く色づいていました。

 

その他の動植物情報です。

【見ごろのお花】

ミヤマアキノキリンソウ、ナガボノシロワレモコウ、ヤマハハコ

【見ごろ過ぎ】

サワギキョウ、コシロネ、イヌゴマ、ノリウツギ、ミヤマトウバナ、ツルリンドウ

【実が見ごろ】

オオカメノキ、マイヅルソウ

【トンボ】

カオジロトンボ、イトトンボの仲間数種、アキアカネ(赤くなりました)

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Yahoo!天気・災害

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM