鏡沼の様子

  • 2018.09.14 Friday
  • 14:13

鏡沼へ向かう登山道(道道58号から)の様子です。

入り口から300mほど進むとかかり木があります。
通行の際はお気をつけてお進みください。
昨夜から今朝にかけて雨が降っていたため、登山道上で水が流れている所がありました。
沢は前回と変わらず、飛び石で渡る形になります。
苔で滑りやすいので慎重に。
湿原いっぱいに広がるホロムイイチゴの葉が赤くなり、秋らしくなっています。
エゾオヤマリンドウ、ウメバチソウの花のピークは過ぎていますがまだ見られます。

鏡沼8月31日

  • 2018.08.31 Friday
  • 16:13

鏡沼の様子を見てきました。

鏡沼の道道58号入口には駐車場はなく、車が2〜3台程停めれる砂利の駐車スペース

があります。

 

湿原までの道のりは途中沢を渡ります。

以前、渡る為にかけてあったシラカバの木の枝は流されてなくなりました。

雨が多かったせいか水量が多めでした。

普段は飛び石で水に浸かる事なく渡れましたが、今日はくるぶしまで水に浸かりました。

登山靴、もしくは長靴で行くのをおススメします。

 

湿原は、紅くなりだした『ホロムイイチゴ』の葉が湿原内を紅く彩り、

『ウメバチソウ』の白い花や『サワギキョウ』の紫の花が映え綺麗でした。

 

湿原までの道のりはキノコ観察も楽しめます。

これからもっと種類が増えるかと思うので楽しみです!(名前は判断できませんが・・)

 

 
 
 

8月3日HANAZONO GOLF 〜 鏡沼 コース

  • 2018.08.03 Friday
  • 16:40

花園ゴルフ場から鏡沼の様子を見てきました。

ゴルフ場入口を過ぎ、50m位先に登山道入口があります。

道はしっかりついていますので迷うような所はないとは思いますが、

所々脇道やピンクテープに惑わされる箇所もありますのでご注意下さい!

ミズナラやダケカンバ等の気持ちのよい森の中を進みます。

途中2回木の橋を渡る箇所があります。

沢の音がとても心地よいです。

オオヤマサギソウ、ミヤマトウバナ、カタバミ等のお花を見ながら、

最後の急登を登ると湿原へ出ます。

湿原内はタチギボウシの紫色の花が湿原内を色どり綺麗でした。

ホロムイイチゴもかわいい真っ赤な実をつけてました。

ルリイトトンボやシジミ蝶などもたくさん飛んでいました。

湿原までの樹林は蚊も多いので、虫よけがあるといいです。

行きは緩やかですが登りのコースなので水分も忘れずに!!

6月14日 鏡沼

  • 2018.06.14 Thursday
  • 16:21

鏡沼へ行ってきました。

 

道道側の鏡沼の入口は、看板や入林ポストがまだ設置

されていません。

分かりにくいのでご注意下さい。

 

鏡沼へ行く途中は沢の渡渉があります。

飛び石で渡れますが、心配な方は長ぐつをお勧めします。

 

湿原では「ホロムイイチゴ」「ワタスゲ」「イソツツジ」

が見られます✿✿

 

 

今日は【浮島】も見ることができました。

 

 

10月5日 鏡沼

  • 2017.10.05 Thursday
  • 15:01

ニセコ山系が初冠雪したので、

鏡沼に映る白いニセコアンヌプリと紅葉はきっと美しいだろうと思い、早速見に行ってきました。

 

歩いているときは暖かいのですが、

止まると寒いです。

今回は湿原でジッとしている時間があり、寒かったです。

 

参考までに、本日私は登山用のシャツにダウンベスト、レインウェア(風よけのため)を着ていました。

耐えられないほどではありませんでしたが、ジッとする時間が長いのであればダウンジャケットでもよかったなと思いました。

 

 

鏡沼道道入口です。

オオカメノキの赤い葉が綺麗ですね。

 

登山道は全体的にぬかるんでいました。

またところどころ落ち葉で道が埋め尽くされていました。

 

ダケカンバ林の中の道を歩きます。

 

ふと見上げると、こんなに上まで伸びています。

この辺りのダケカンバは、まだ葉が緑です。

 

9月26日に、きれいなオレンジ色のツタウルシが絡みついていた枯れ木です。

だいぶ葉が落ちましたね。

 

沢を渡ります。

くるぶしまで水に浸かります。写真は、ルートから上流を見たところです。

 

 

ハウチワカエデの葉っぱがいい色になり始めています。

よく見ると一枚の葉っぱでも緑、黄色、赤が混在していますね。

 

足元にツルリンドウの実を見つけました。

つやつやして綺麗です。

 

山頂方面との分岐に出ました。

この道を登っていくとニセコアンヌプリの山頂です。

道はやや狭くはなります。

今日は山頂へは行かずに鏡沼へ。

 

紅葉、見ごろです。とっても綺麗です。

 

お花はほとんど咲いていませんでした。

こちらは、今年最後のエゾオヤマリンドウのお花かもしれません。

 

ニセコアンヌプリの山頂部分です。

白いです!

せっかくなので手前のナナカマドの葉も少し入れて撮ってみました。

 

森の向こうから顔を出しているのはワイスホルン。

山の頂が白くなっています。

 

さて、湖面に映る白いニセコアンヌプリを見に来ましたが、

風が強く湖面が波立ってしまいなかなか鏡のようになりません。

 

寒いです。誰もいません。しかしきっと風はおさまる瞬間があるだろうと信じ、

待つ事約30分。

 

ようやく湖面が静かになりました!

 

 

このあとまたすぐに風が吹き始め、

湖面のニセコアンヌプリはあっという間に消えてしまいました。

 

一瞬でしたが、たいへん美しかったです。

9月26日鏡沼

  • 2017.09.26 Tuesday
  • 14:57

真っ青な空、気持ちの良いお天気です。

 

鏡沼の様子を見てきました。

 

道道入口の駐車スペースは、2,3台分しかありません。

歩いて数分のところにも、同じく2、3台分の駐車スペースがあります。

 

なるべく多くの車が停められるよう、ご配慮をお願いします。

 

入林箱に登山届を出し、歩き始めます。

 

台風の影響はほとんどありません。水が流れた跡があるくらいでした。

落ち葉をカサカサふみながら歩くのは心地良いですね。

 

 

ゆるいアップダウンを繰り返します。

こちらの木の葉、いい色ですねぇ。

近づいて見てみると、色づいているのはツタウルシで、幹の見えている樹木は枯れ木でした。

枯れ木からはキノコもたくさんはえていました。

 

足元にツタウルシの葉が落ちていました。

あたたかい色をしていますね。

 

 

沢を歩いて渡ります。くるぶしくらいまで水に浸かります。

川底の石の上は滑るし、

水面から出ている石は踏めるところが小さかったりします。

焦らず慎重に一歩ずつ進みましょう。

 

 

色づくまであまり目立たなかったヤマウルシ。

一本の木なのに。こんなにいろんな色になるんですねぇ。

 

 

さてさて、登山口から35分ほどで、鏡沼に到着です。

風が弱まる瞬間を待って、撮りました。

ニセコアンヌプリと、鏡沼です。

 

ニセコアンヌプリの山頂付近は、下から見ても赤い紅葉が綺麗ですね。

 

鏡沼は、紅葉のピークまで、あと一息といったところでしょうか。

 

 

 

【咲いていたお花】

エゾオヤマリンドウ

ヤマハハコ

エゾノコンギク

ミヤマアキノキリンソウ

【実が見ごろ】

マイヅルソウ

ツルコケモモ

オオカメノキ

 

8月18日 鏡沼

  • 2017.08.18 Friday
  • 16:07

五色温泉インフォメーションセンターに到着した車から出たお客様から、

寒い!という声が聞こえるようになってきました。

 

ここは標高750m今朝八時の気温は16℃でした。

 

今日は鏡沼の様子を見に行ってきました。

 

道道58の登山口からスタートしました。

 

ところどころぬかるみがあります。

 

ダケカンバ林の中を歩きます。木漏れ日が気持ちよいです。

 

ゆるいアップダウンを繰り返し、

沢を渡り、山頂への分岐を過ぎると、

 

 

 

足元が木道に変わりました。

両脇から草が生い茂っていて少し歩きにくいです。

藪漕ぎ気分で数メートル進むと、

 

見えてきました。鏡沼。

 

 

鏡沼とニセコアンヌプリです。

湿原がうっすら黄色く色づいて、秋の気配が漂っています。

 

こういった草の紅葉は草紅葉と言います。

くさもみじ、とか、くさこうようとか呼ばれています。

 

そのままhanazonoゴルフ場方向へ進みます。

 

途中枝道などもありますが刈り払いもされていて道はわかりやすく、

気持ちの良い散策路となっています。

Hanazonoゴルフ場までは下りです。

 

ところどころ橋が架かっています。

 

Hanazonoゴルフ場の登山口に着きました。

 

 

出会った動植物を紹介します。

 

エゾアジサイ。この時期に咲くアジサイです。

 

サワギキョウとシジミチョウ。

蜜を吸うでもなく、羽をゆっくり動かしていました。

朝露を乾かしていたのでしょうか。

 

サワギキョウは見ごろです。この時期の湿原で一番目立つお花ですね。

沼沿いに咲くサワギキョウを撮影している方がたくさんいらっしゃいました。

 

ツルリンドウ。林内の足元で静かに咲いています。

このルート上では多いです。

立ち止まったときなど、足元をじっくり見てみると

見つかるかもしれません。

 

ツルコケモモの実が赤く色づいていました。

少し見つけにくいかもしれません。

ミズゴケの上に赤いものが見えたら、ツルコケモモの葉か実の可能性が高いです。

 

アオイトトンボ。停まっていたので撮影できました。

 

ほかにも数種類のトンボが飛んでいました。

なかでも目立ったのはルリボシヤンマの追いかけっこ。

 

しばらく同じ場所を飛んでいる個体が多いので、

いるな〜と思ったら立ち止まって、待っているとまた出会えると思います。

 

きのこいろいろ。

たくさんのキノコに出会えました。

中でも印象的だったのは真っ黒なキノコです。

 

そのほかの植物の様子です。

【見ごろ】ヨツバヒヨドリ、ウメバチソウ、ミヤマアキノキリンソウ、ヤマハハコ、コシロネ

【見ごろは過ぎたけれど咲いている】タチギボウシ、ハナニガナ、ノリウツギ、モウセンゴケ、ウツボグサ、オオヤマサギソウ

 

また、エゾオヤマリンドウの蕾がたくさんありました。

秋の色に染まり始めた湿原に、ムラサキ色のエゾオヤマリンドウが咲くのが、楽しみです。

7月18日 鏡沼

  • 2017.07.18 Tuesday
  • 15:55

小雨と濃霧に包まれた五色温泉インフォメーションセンターです。

 

あいにくのお天気ですが、鏡沼の様子を見に行ってきました。

 

道道58〜鏡沼 片道約35分

トイレ、水場 なし

駐車場 登山口向かいに2、3台のスペース

 

町は晴れていても山は濃い霧がかかっていることがあります。

登山ももちろんですが、車の運転も視界が悪くなります。
五色温泉や鏡沼までの道はグネグネとカーブの続く山道です。
また倶知安方面〜鏡沼〜お花畑駐車場は一車線道路です。
お越しの際は十分お気をつけください。

道道58沿い、鏡沼の登山口です。

 

 

登山道は全体的にぬかるんでいました。

 

マイヅルソウは咲き終わり実を結んでいます。

 

ガスがかかっています。

案外気持ちの良いものです。

 

ツクバネソウは花の見ごろを過ぎています。

 

エゾアジサイの花が見ごろを迎えています。

 

オオウバユリの花です。

本州では珍しいですが、このあたりでは道端に普通に咲いています。

 

沢を渡ります。石を伝って歩きました。

 

オニシモツケが咲いています。

 

分岐に出ました。

 

ヨツバヒヨドリは咲き始めです。

 

アカミノイヌツゲの花が咲いています。林内、湿原両方でみられます。

 

足元が木道に変わりました。

背丈ほどもある草が両脇から生い茂っています。

 

ウメバチソウの花芽です。

 

タチギボウシの花は見ごろです。

 

変わった形の物を見つけました。

葉っぱも特徴的ですね。

少し前まで咲いていた、イソツツジの実です。

 

 

それではこちらはなんでしょうか。これもかなりヘンテコな形ですが・・・

 

咲いているものも見つけました。ホロムイイチゴです。

お花も葉も実も、ほかのイチゴとちょっと違いますね。

 

ヤマドリゼンマイの葉が濡れていちだんと鮮やかです。

 

おや、また何か見つけました。

何かの実のようです。

小さいですが、葉のついた枝のようなものも見えますね。これは・・・、

 

ツルコケモモの実です。今はお花のほうが多いです。

先日お客様に聞かれたのですが、ツルコケモモは、小さいですが、木です。

 

 

こちらも只今見ごろを迎えています。

こんな形ですがお花です。ホソバノキソチドリと思われます。

 

タチギボウシの花も見ごろです。

雨露に濡れたくもの巣も一緒に撮ってみました。


 

 

雨の中、ルリイトトンボが飛んでいました。

 

湿原内のいろいろなところで、ヒメシジミがさかさまに止まっていました。

 

雨の鏡沼です。

雨でもしっかり鏡になっていました。

 

 

6月28日 HANAZONO GOLF 〜 鏡沼〜道道58

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 15:16

今日は鏡沼へ、前回とは違うルートを行ってみました。

標高差は200mほど。岩がごつごつした箇所もなく、崩落等の危険箇所もありません。

ゴルフ場ー鏡沼の川には橋がかかっていますが、鏡沼ー66号線側には

橋の無い箇所がありますので降雨の後は水位・水量に注意が必要です。

残雪はないですが、ニセコアンヌプリの北面側で太陽があたりにくく、

湿地があるので全体的にひっそりした場所です。

晴れた日に鏡沼に映るニセコアンヌプリはとてもきれいです。

 

 

駐車場はHANAZONO GOLFさんのご厚意で登山にも使用可能です。

ただしあくまでゴルフ場利用者が優先で(特にクラブハウスの近く)、

門を入ってすぐの手前の方を使ってほしいとの事です。

門の開閉もゴルフ場に合わせていますので駐車可能時間も日中のみに限られております。

また、使用の際は係員に一言告げてほしいとの事です。

 

 

 

ありがたく駐車場問題が解決したところで、

登山口に向かいます。

新旧の看板がお出迎えしてくれました。

 

 

細い道や作業用のテープがたまに見受けられます。

惑わされずに一番太い道を進んでください。

ツタウルシがぐるぐる巻かさっている樹もありました。

 

 

 

看板を見つけてひと安心。

 

施設の横を通ったり、

 

橋もあります。

 

 

こんなところを歩く映画のワンシーンがあったような気がします。

 

 

ぬかるみが数カ所あります。

すると木道が見えました。

 

 

鏡沼の湿原に入ると雰囲気が変わります。

木道がしいてあるので歩くのも楽ちんです。

雲に半分隠れているのはニセコアンヌプリです。

白いふわふわしたワタスゲでいっぱいです。

 

 

ヤマドリゼンマイ

 

ナナカマドが春紅葉してます。

 

 

鏡沼です。

 

 

イソツツジは咲き終わりの時期です。

 

ホロムイイチゴ

 

湿原を後にし、道道66号線の登山口までいってみます。

 

水びだしの箇所や小川になっている所がまだありました。

 

今日のルートの最大の難所です。

落ち着いて渡りましょう。

 

途中オオバミゾホオズキ、スミレのお花に応援されます。

 

 

マイヅルソウの群生

 

 

そうこうしているとゴールにたどり着きました。

先日はありませんでしたが記帳箱が設置されていました。

 

今年のニセコエリアは気温が上がらないので

鏡沼付近でも夏の花はまだのようです。

標高は高くても日当たりのいい場所のほうが

花の鑑賞におススメです。

 

 

6月5日鏡沼入口〜鏡沼〜ヒラフゴンドラとの分岐

  • 2017.06.05 Monday
  • 16:13

こんにちは。今日は快晴です。

木々の緑と、青空のコントラストが素晴らしい一日です。

 

鏡沼の様子を見に行きました。鏡沼まではぬかるみが多く、アップダウンもあります。

山の装備、山の靴を履いてでかけましょう。

 

沢を歩いて渡るので、スニーカーでは厳しいです。

 

 

道道58号線の鏡沼入口の前に、砂利の駐車スペースがあります。

 

登山道入口は少しわかりにくいです。色あせたピンクテープがついています。

 

ぬかるんでいます。

 

ひどいぬかるみには木の板が敷いてあることもあります。

木の板の上を歩くとあまり沈みませんが、滑ります。

 

 

マイヅルソウはつぼみの状態です。

このあたりは道の両脇がマイヅルソウだらけなので、

一面マイヅルソウのお花が咲くのが楽しみです。

 

 

イワオヌプリのエンレイソウはお花でしたが、こちらはもう実を結んでいます。

 

ツクバネソウは咲き始めです。

 

 

このコース最大の難所です。

昨年は木の橋が架かっていたのですが、あとかたもありません。

沢を歩いて渡ります。

一番浅い所を探して慎重に歩きます。沢の中の石はぬるぬるして滑ります。

足首まで水に浸かりました。

 

サンカヨウのお花が散ったあとがありました。小さな実を結んでいます。

実が色づくのが楽しみです。

この一輪以外は葉っぱしか見かけませんでした。

 

沢を渡るとエゾノリュウキンカが咲いています。

 

古いですが板が敷いてあります。

滑りやすいので横板に足を乗せて一歩ずつしっかりと進みます。

 

ダケカンバの巨木です。

 

スミレの一種が咲いています。

 

倒木があります。

 

数は少ないですがノウゴウイチゴが咲いています。

 

樹林帯を抜け、笹薮になります。鏡沼まで、あと少し!

 

鏡沼が見えてきました!

 

来た道を振り返ると、ウラジロナナカマドのお花が咲いています。

 

ヤマドリゼンマイも伸びてきています。毛むくじゃらで愛らしい姿です。

 

濡れているのでふわふわしていませんが、ワタスゲの果穂です。

 

湿原をよく見ると、食虫植物のマルバノモウセンゴケがあちこちにあります。

赤い部分がペタペタしていて、とまった虫を捕まえて養分にします。

運がよければ虫を捕まえているところが見られます。

 

鏡沼に浮かぶ、浮島です。その名のとおり、浮いています。

風にゆられてぷかぷか移動します。

 

ここまでに見たイソツツジはつぼみばかりでしたが、咲いているものを見つけました。

 

鏡沼に映るニセコアンヌプリです。

 

鏡沼の前の木道沿いにはいくつかベンチが設置されています。

 

 

 

 

 

さて、少し戻り、今度はアンヌプリ山頂方向へ進みます。

 

少し道が荒れています。倒木を越えます。

 

今日一番急な登りです。足元も滑りやすいので焦らず進みます。

 

足元ばかり注意していると、白いお花が落ちていることに気が付きます。

こんな時は立ち止まって上を見上げてみましょう。

 

オオカメノキのお花が咲いています。癒されます。

 

突然アスファルトの道に出ました。作業道路で一般の車は入れません。

 

大きな木のトンネル。

どうしてこんな形になったのか、想像してみましょう。

 

登山道脇が笹薮になります。少し道がわかりにくいです。

 

まだサクラが咲いています。

 

エゾイチゲが見ごろです。可愛らしいお花で癒されます。

 

ちょっと地味なので見逃されがちですが、これ、お花です。

オクエゾサイシンです。

 

 

急に視界が開けます。スキーをする方はピンときたのではないでしょうか。

スキー場のリフト線の下に出ます。リフト線に沿って少し登ります。

 

 

気持ちよくてついまっすぐ行ってしまいそうになりますが、左手にルートが続きます。

ピンクテープもあります。

 

道が荒れています。

 

ツルリンドウの実が落ちていました。鮮やかです。

 

ヒラフゴンドラとの分岐まで来ました。今日はここで引き返します。

 

 

シカの足跡がありました。

 

綺麗な虫がいました。コガネムシの仲間でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Yahoo!天気・災害

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM