ザックの腰・胸のベルトはしっかり留めましょう

  • 2015.09.12 Saturday
  • 17:10
山の装備で大事なものの一つにザックが挙げられます。
リュックサック、バックパック・・・呼び名はいくつかあり
ますが、ここではザックで統一します。



登山の際、日帰りの山であれば街で使っているものを持って
来る方がいますが、やはり登山用のザックを持ちましょう。
登山用は街用の物に比べ、荷物の収納に適した構造になって
いたり、背負いやすい設計になっていたりして、体への負担が
軽減できます。なので、街用のものを背負っている人は登山用の
ザックを背負っている人より、体への負担が大きく疲れやすい
訳です。山ではそうした疲労やストレスが事故に繋がりやすく
なります。

ベルト
さて、ザックには体とザックを密着させるためのベルトがあります。
一つはウェストベルトやヒップベルトと言って、ザックと腰を
固定するベルトです。ザックの重量を肩一点に集中させない役割
があります。
もう一つはチェストベルトと言って、これは胸のあたりで留める
ベルトのことです。役割としては肩からザックがずれ落ちるのを
防止し体にフィットさせてくれる事。
この2つのベルトがないと、動くたびにザックが振れてしまい
体がバランスをとるのに余計な力を使うことになります。
×よく見るNG例

肩からぶら下げる様に背負っている人はよくいます。
ザックが振り子の役割をしてします。
この辺りは写真や文章では分かりにくい所ですので、
実際に自分のザックを背負いながら、経験者やショップの人に
アドバイスしてもらうとベターです。

容量
ニセコの日帰りの登山であれば20~30Lを目安にしてください。
容量が小さければ軽くて済みますが、レインウェアや秋にフリース
といった防寒着を入れる事を考えると、20~30Lは欲しいですね。
ちなみに背負ってる写真のザックは20Lです。
ショップに行けば店員さんに教えてもらえますし、実際に
背負って自分の体に合っているかどうかも確認できます。
アウトドアの道具は丈夫にできているので、多少高価でも
一度用意すれば長く使えます。
夏山の相棒となれるものをじっくり探してみてくださいね。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Yahoo!天気・災害

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM