8月30日 ニセコアンヌプリ見返坂

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 16:33

先日お問合せのあったニセコアンヌプリ見返坂の様子をみてきました。

(いこいの村〜見返坂登山口〜作業道路を通って五色温泉までのルートへ行きました。

作業道路を通らず本来の登山道を見返坂分岐まで登っていくルートは、草刈りされておらず藪化しているため、行っていません。)

 

ニセコアンヌプリをスキー場側から登り、五色温泉に降り、五色温泉からスキー場に戻る場合に使うと便利です。(逆回りももちろん可能です。)

 

標高差は300mほどです。名前のとおり坂のような道をずっと歩いていく、

森林浴・フットパスのような気持ちよい道です。

 

今回はアンヌプリ国際スキー場側から歩いてみます。

スキー場側の入口は少々戸惑うかもしれません。

Nook、アンヌプリゴンドラ乗り場方面からY字の交差点に来ます。

 

そのあとは

え?こっち??

という感じの従業員用の裏道のような方へ進みます。

 

ノーザンリゾートアンヌプリの裏をぐるっとあるくと

アスファルトの舗装が終わり砂利の作業道になります。

 

スキー場と3回接触しますが、登りの場合は基本的に右側の道は3回ともスキー場です。

左の道を進んでください。

(もちろんくだりの場合は逆ですよ。)

特に2017年夏季は新規リフトの工事を行っています。

スキー場側には入らないようにしましょう。

 

ときどき小川が流れています。

天気がいいとキラキラしてます。

 

砂利道が草に覆われ、轍の道になってきます。

歩いていくと、おや?

 

作業道が終わり、ここから登山道です。

 

草ぼうぼうの箇所もありますがさほどひどくありません。

 

粘土質でさらに苔が生えていて非常に滑りやすい箇所もあります。

 

あんな高いところになにやら英語でSLOW DOWNと書いてあります。

スキーヤー・スノーボーダーへのスピード出しすぎ注意のサインです。

冬はあのサインが目線、もしくは足元になるくらい雪が積もります。

 

途中看板がありますが残念ながらあまり眺望はよくなく、休憩する感じでもありません。

 

 

途中イワオヌプリが山頂までみえました。

五色温泉インフォメーションセンターからはいつも見えないのでちょっとうれしいです。

 

ここだけいつも水が溜まるポイントなのでしょうか、

写真ではわかりませんがオタマジャクシも育っていました。

板が渡してありますが、水に浮いているので動きます。

気をつけて!

 

分岐点です。

ニセコアンヌプリ山頂方向は藪だらけです。

(*9月初旬に草刈りが行われる予定です)

 

ニセコ野営場側からみた見返坂方面の出入り口です。

ニセコアンヌプリ山頂方面とは違い、一般車両立入禁止のはっきりした道が見返坂方面です。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Yahoo!天気・災害

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM