10月19日イワオヌプリ

  • 2017.10.19 Thursday
  • 16:29

今朝はニセコ市街でも霜が降りていましたね。

八時の五色温泉の気温はマイナス1℃でした。

 

毎回書いてしまいますが、寒いです。

 

朝7時50分の時点で、五色覆道付近で路面に積雪がありました。

五色温泉インフォメーションセンターは10月末日まで開館予定です。

お越しの際はスタッドレスタイヤの装備をお願いいたします。

 

 

今日はイワオヌプリの様子を見てきました。

 

 

雪が降り始め、登山はできるのか、といったご質問が増えました。

 

正直、登れないということはありません。

しかし、初めてお会いした方に、「登れますよ」とも、言い切れないところです。

 

積雪や天候といった状況だけでなく、山の経験等も合わせて考え、

ご自身で判断ができない方は、今日のイワオヌプリようなコンディションの登山はおススメできません。

 

 

五色温泉→イワオヌプリ(山頂道標) 約1時間15分

イワオヌプリ(山頂道標)→五色温泉 約50分

 

駐車場は五色温泉インフォメーションセンター前、

トイレは五色温泉インフォメーションセンター内にあります。

 

 

冷えていますが、天気が良いです。 

五色温泉橋にも雪がうっすら乗っています。

 

 

木の階段。雪がありました。

 

登山道上にも雪がありました。

いったん解けてまた凍っていたり、氷の上に雪が乗っていたり、

ぬかるんでいたりします。

また、笹などの上に乗った雪が、時折風などでバサバサ落ちます。

あまり近くでいっきに落ちると、結構びっくりします。

 

イワオヌプリ、ニトヌプリ(大沼)との分岐点です。

ここまで日陰が多いせいか、登山道上の雪が多かったです。

 

分岐から先はガレ場の急登になります。

雪の下に半分隠れたガレ場。

どんな岩が隠れているか、足で踏むまでわかりません。

一歩ずつ焦らずに進みましょう。

 

山頂部の分岐に出ました。

実は、ここで引き返そうと思っていたのですが、

日当りが良いせいか、思った以上に山頂部の融雪がすすんでいたので、

山頂の道標まで、様子を見ながら行ってみることにしました。

 

 

足跡もありますが、

ベストルートかどうか、常に考えながら進みます。

 

土が出ているところを歩くと

水分を含んだ粘土質の土が、

靴のソールにべったりこんもりくっついてしまいました。

これでは足を踏みにくいし、グリップもきかず歩きにくいので、

すぐに土を取りました。

 

山頂の道標に着きました。

思ったほど雪はありませんでした。

 

大沼が見えるところまで行ってみることにしました。

 

人間の足跡はほとんどなく、ウサギの足跡だらけです。

 

風があり、非常に寒かったです。

 

 

大沼が見えてきました。

 

湖畔は、うっすらと白くなっているようです。

 

この大沼が見渡せる地点は積雪が吹き溜まりで20センチ以上あり、

引き返すか進むか少し迷いましたが、

状況から判断し、進むことにしました。

 

稜線歩きの外回りのルートではなく、内回りのルートをとりました。

雪が積もってから、ウサギさん以外誰も通っていないようです。

 

 

やや急斜面なので、慎重に進みます。

雪は少し硬くなっていましたが、まだふかふかです。

無事に火口の下まで降りてきました。

 

 

さて、登山は登りよりも下りの方が危ないと言われています。

この写真で、下りの方が怖いというのが、伝わるでしょうか。

ゆっくり一歩ずつ進みます。

下りではほとんど写真も撮りません。

 

ガレ場を無事に降りました。

 

朝、登ったときよりもだいぶ雪が解けています。

また、樹木の葉が落ち、森が明るくなりました。

今まで森しか見えなかった地点から、ニセコアンヌプリが見えました。

 

 

帰りはお花畑を回ってきました。

お花畑も、道に雪がありました。

特に木道の上に雪があると、非常に滑りやすいです。

 

私も、緩く下り坂になっている木道でツルっと滑り、転びはしなかったのですが勢いづいてしまい、

しかし急に止まれば滑って転んでしまう、と、なんとかうまくごまかして無事に止まるまで、

かなりヒヤヒヤしました。

 

 

 

五色温泉の展望デッキまで戻ってきました。

朝は一面雪だったデッキも、だいぶ雪が解けました。

今日解けた雪が、また深夜には凍る可能性があります。

 

 

さて、雪以外のことも少し載せておきます。

 

真っ白い雪のなかでひときわ目立つ赤い実。

マイヅルソウの実です。

 

 

ウサギさんの足跡。なんだか足跡自体、ウサギさんの形に見えてきました。

 

シャンデリアのようなこちらの植物。

 

イソツツジが種をこぼしたあとの殻ですね。

イソツツジの冬芽も、たくさん見られました。

 

植物たちの冬の準備は万端のようです。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Yahoo!天気・災害

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM