8月8日ニセコアンヌプリ

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 16:03

ニセコアンヌプリに登りました。

予報は晴れ、風も弱いとのことでしたが、

実際は曇り、五色温泉インフォメーションセンターの前でも風があります。

 

駐車場、トイレは五色温泉インフォメーションセンターをご利用ください。

 

野営場の奥に登山口があります。

 

まず目に入るのは、ロープを張った道。

よく「見返坂ですか?」と聞かれます。

が、この道は登山道ではなく作業道路です。

見返坂への登山道は下の方に写真を載せますが、藪漕ぎになります。

 

作業道路の左手がニセコアンヌプリの登山口です。

 

歩き出して20分ほどで見返坂との分岐に出ました。看板もあります。右が見返坂、左が山頂です。

 

見返坂方向を見てみると、

道が、、、、、、わかりますか?

草刈りされておらず、藪漕ぎの様な状態です。

残念ながら見返坂のルートは、全然お勧めできるような状態ではないようです。

 

(作業道は、歩いて通行可能です。)

 

山頂へ向かいます。

 

あと2000mの看板。

山の2000mは長いですね。

 

 

足元に注意して進みます。

 

地図にはない分岐に出ました。

 

右へ曲がると、展望台の様に広くなっています。

石碑もありました。

休憩に丁度良いです。

 

 

さきほどの分岐から左方向へ。

 

あと1500mの看板。

さっきの場所から、もう500m?それとも、まだ500m?

 

雲の隙間からイワオヌプリ方向が見えました。

 

 

ニセコアンヌプリ方面も見えました。

 

あと1000m。

 

 

 

五色温泉が見えます。こんなに登ってきたんですね。

 

ガレ場が続きます。

雲があるので良いですが、

カンカン照りの日は暑そうです。

 

あと500mです。

 

山頂部の小屋が見えました。

 

あとひといき。

 

気温計を見ると16.6℃でした。

登山には快適です。

 

山頂部から見た羊蹄山と倶知安町山田(ひらふスキー場ふもと)の町。

 

鏡沼に降りるルートはこの石碑の向こう側です。

道はやや不明瞭です。

 

 

 

 

【今日の登山道上で出会った動植物】

 

 

目立つお花は少なくなってきていますが、

咲いていたお花の実が色づいていたり、

そんなに目立たないけれどよく見るとかわいいお花や、

群生して咲いているお花がたくさんありました。

 

また昆虫やその幼虫も多いように感じました。

 

 

オオバタケシマランの実

 

ミヤマトウバナ

 

マイヅルソウの実

赤くなり始めました!

 

 

 

ヨツバヒヨドリ。

群生しています。色の濃淡がいろいろあります。

 

 

 

シラタマノキの実

 

 

ミヤマホツツジ

ピークは過ぎています。

こちらも色の濃淡がいろいろです。

 

 

 

 

オオヤマサギソウ

何か所かで見かけました。

 

 

 

オオイタドリ

ドンガイとも言います。畑のわきなんかにも生えていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマアキノキリンソウ

見ごろです。群生しています。

 

 

 

さきほども出てきたヨツバヒヨドリ。

左のものも、右の葉が紫のものも同じ種類です。

こんなに近くに咲いているのに、

一方はもうこんなにも濃く葉が色づいているなんて不思議です。

 

 

 

ツタウルシの葉も色づき始めました。

 

 

アカモノの実

 

 

 

ゴゼンタチバナの実

 

 

オサムシの仲間

 

 

 

ノリウツギ

アジサイの仲間です。

 

 

エゾオヤマリンドウの花芽。もうすぐですね。

 

よく見ると青虫が写っています。

モンシロチョウの幼虫でしょうか。

 

 

ヤマハハコ

何度見ても不思議なセンスの花です。

キク科です。

 

 

ゴゼンタチバナの実

 

ハクサンボウフウ

 

 

ハイオトギリ

見ごろです。群生してキラキラ輝いています。

と、同時に葉の紅葉もし始めています。

 

 

ミヤマホツツジの実

 

 

 

コケモモの実

おいしそうです。(この地域は動植物の採取は禁止です。)

 

実だけでなく葉も真っ赤です。

 

エゾノマルバシモツケのお花のあと。

 

 

 

 

形が面白いです。

ウコンウツギの実。

 

 

 

シラタマノキ

と思った方がおおいのではないでしょうか。

 

こちらは実

ではなく

中に虫が入っています。

 

むしこぶ、と呼ばれています。

ちなみに植物によってつく虫こぶの種類が違います。

この虫こぶは、

イヌコリヤナギハコブフシと呼ばれています。

 

 

 

 

 

シラネニンジン。見頃です。

独特の形の花が群生していてきれいでした。

 

 

ツバメオモトの実

ブルーべリー色が大人気です。

 

 

ノリウツギにあつまるタテハチョウの仲間

 

 

 

 

ノウゴウイチゴの実

 

 

 

シャクジョウソウ

名前の由来は、、、言わなくてもわかりますね。

 

 

イブキゼリ(イブキゼリモドキ)

エゾボウフウにそっくりですが総萼片と萼片がないのがイブキゼリです。

 

 

 

コシロネ

見慣れないところにお花がついている不思議なお花です。

 

 

 

 

ツルリンドウ

ピーク少し過ぎていますが見ごろと言っていいくらいたくさん咲いています。

 

最後に、、、

へびにも会いましたよー。

 

 

7月26日 ニセコアンヌプリゴンドラ〜ニセコアンヌプリ

  • 2017.07.26 Wednesday
  • 16:34

ここ数日北海道らしい夏を感じるニセコです。

今日はニセコアンヌプリゴンドラ側からニセコアンヌプリ登山をしてみました。

 

 

ゴンドラ駅舎で情報収集、入林記帳ができ、トイレも利用可能です。

 

ゴンドラ駅舎から下部は基本的に作業道です。

特に山麓では新規リフトの工事を行っていて付近の立ち入りが制限されています。

 

1000m台地から昆布岳が正面にあります。

 

ここから登山道が始まります。

 

今はハイオトギリが最盛期です。

 

ハナニガナ

ヨツバヒヨドリの蕾

 

登山道は少し歩きづらい箇所もありますが、迷う箇所はありません。

 

ところどころにサインがあるのがいいですね。

 

 

アンヌプリ第4リフトの降り場です。

羊蹄山は雲に隠れています。

 

個人的な話ですがここに座るのが好きです。

 

 

こんな岩場もあります。

 

ヒラフ方面との分岐点です。

グランヒラフの方が登山者のために草刈りを行っていました。

ヒラフ方面の登山道も草刈りばっちりだそうです。

ご苦労様です、どうもありがとうございます。

感謝しながら山頂までいきます、もう少しです。

 

半分以上きました。

 

倒木というか雪の重みでゆがんだ木です。

 

ここも誰かが整備した跡があります。

感謝いたします。

 

最後の看板です。

 

南峰に向かう道です。

 

 

山頂にたどり着きました。

五色温泉ルートより短いですが足場が悪い箇所があるので(岩場や倒木、斜度がきつい箇所)

大変かもしれません。

 

ちなみにわかりづらいですが、鏡沼・花園方面へはこの碑を少し奥にいくと道があります。

 

開花状況は先々週より減ってしまいましたが、

まだ咲いているものもあります。

http://info-goshiki.lion-adventure.com/?day=20170714

夏休みにはニセコで登山はいかがでしょうか?

 

7月14日 ニセコアンヌプリ

  • 2017.07.14 Friday
  • 14:14

今週末からニセコグランヒラフサマーゴンドラとニセコアンヌプリゴンドラの営業が始まります。

先日お伝えしたニセコバスも合わせていろいろと楽しみ方が増えますね。

 

山頂から下山の際、ルートを間違えない様に注意してください。

五色温泉方面へはこちらへ

 

 

ゴンドラ方面はこちらへ

 

 

各々の詳細は下記リンクへお願いします。

 

ニセコグランヒラフ

http://www.grand-hirafu.jp/summer/recommend/gondola/

 

ニセコアンヌプリ

http://annupuri.info/summer/gondola/

 

ニセコバス

http://www.nisekobus.co.jp/timeschedule.html#nisekosen_1

 

 

また、ニセコアンヌプリの五色温泉ルートの開花状況レポートです。

たくさん咲いていますよ!

 

ハイオトギリ

マイヅルソウの実

 

オオバノヨツバムグラ

アカモノは散り始めています。

 

ノウゴウイチゴの実

エゾボウフウ

 

ヤマブキショウマ

キク科の花

 

オオイタドリの蕾

ミヤマホツツジ 咲き始め

 

ヨツバヒヨドリの蕾

 

ハナニガナとシロバナニガナ

 

エゾシオガマ

ナナカマドの実

 

 

ゴゼンタチバナはそろそろ見納めです。

エゾノマルバシモツケ

 

 

ゼンテイカ

山頂付近では群生してます。

 

 

チシマフウロ

6月21日 ニセコアンヌプリ 五色温泉〜山頂

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 13:29

「ニセコアンヌプリの登山は簡単って聞いたんですけど。。。」

よくあるご質問です。

ニセコアンヌプリはスキー場として名高く、なじみがあるので人気の登山です。

冬に滑っていたかたが夏にも挑戦してみようかな?と思い立つ方が多いようです。

 

 

質問にお答えできるよう考えながら調査にいってきました。

 

 

まずはこの登山口が見つけにくいようです。

五色温泉インフォメーションセンター、五色温泉旅館とは道路の反対側です。

野営場の脇にありますので、まず野営場を探してみてください。

(わからなかったら遠慮なく五色温泉インフォメーションセンターへお越しください。)

数日前まであった残雪は今日はすっかりなくなっていました。

 

 

登っているとこの看板がでてきます。励みになり、登りがいがありますね。

看板ごとに周囲の植物が違ってオツです。

 

 

肝心の登山道ですが、もっぱらこの写真の様にそこまでの急登もなく、道らしい道で迷うことは基本的にあまりありません。

 

 

【注意箇所】

 

.レ場

下から見上げたものと上から見下ろした写真です。

浮石があったり、ずり落ちたり、滑ったりします。

登りもくだりもちょっと大変です。

こういう箇所は山にはよくあるもので、

例えば羊蹄山にいくとガレ場はもっともっと長く、もっともっと斜度があります。

 

 

 

 

∀討崩落しかかっている岩でカバーされた道

写真の左側は崩落しかかっています。右側は岩なので、どっちの方がいいか迷います。

自分の得意な方を慎重にいきましょう。

 

 

E卦い砲茲辰討未るみができます。

ぬ犬出ている日はガレ場等で道を見失わない様に

 

 

がんばって足を動かし続けると山頂です。

グランヒラフスキー場と羊蹄山が良く見えます。

お疲れ様でした。

登山入門として良いコースだと思われます。

600mほど登って降りる登山道になります。

アップダウンにまだ自信のない方は鏡沼や大沼

(起伏の緩い登山道)がおすすめです。

 

 

さて、本日ニセコアンヌプリでみかけた花たちです。

数日間気温が高かったせいか、一気に咲いてきました。

今週末のニセコ山系は華やかになりそうですね。

ミヤマスミレ、ノウゴウイチゴ

 

アカモノ、エゾボウフウ

 

 

ハクサンチドリ、ツバメオモト

 

ウコンウツギ、ムラサキヤシオ

 

イソツツジ、ミヤマキンバイ

 

ツマトリソウ

ニセコアンヌプリ 五色温泉ルート

  • 2017.06.03 Saturday
  • 12:46

本日はニセコアンヌプリ五色温泉ルートの状況確認に行ってきました。

 

 

登山道入口〜500mほどは残雪がところどころあります。

ぬかるみや滑りやすい岩に注意が必要です。

 

 

見返坂分岐点付近。

この辺りからは乾いた道になり、気持ちよく歩けます。

 

 

途中でニセコアンヌプリを見上げました。すっかり緑です。

 

 

今はムラサキヤシオ、ミネザクラ、オオカメノキ、ノウゴウイチゴ、スミレ、などのお花がみられます。

 

 

明日(6月4日)は11:00より山開きの式典が行われますが、天候不良が見込まれるため予定されていたニセコ神社ではなく五色温泉旅館で執り行われる予定です。どうぞよろしくお願いします。

ニセコアンヌプリの登山道状況

  • 2016.10.06 Thursday
  • 15:36

ここ数日、風が強く寒い日が続いています。

雲で日が陰るととても寒いです。

 

本日の気温  8:00 7.5℃

        12:00 8.5℃

昼間の気温が上がりません。

明日も寒い予報。

 

紅葉も気になりますね。

当センターから見ると山の紅葉はしているが、実際に登山道からの

眺めはどうだろうと思い、ニセコアンヌプリへ行ってみました。

 

登り始めは、オオカメノキが紅葉しています。

どんどん登っていくと、いろいろな花の葉が紅葉していました。

ゴゼンタチバナ

ハイオトギリ

 

途中からの眺め。日射しが出てきた一瞬を撮ったので、天気は良さそう

に見えます。ですが、とても風が強かったです。

 

ここ数日の強風で、ほとんどの葉っぱは落ちてしまっています。

ナナカマドの木はほとんど全て、赤い実しか残っていませんでした。

その為、遠目では枝や幹が目立つのでしょう。

 

頂上近くにはコケモモの実がまだなっていました。

葉っぱもほんのり赤く染まっていますね。

 

今日のイワオヌプリ方面の写真です。

葉っぱが散ってしまったのは分かるものの、寒さ本番となり、

また更に色を濃くしていますね。

 

 

天気の悪い日が続き、更に寒さも増しています。

登山中もグローブが必要です。

ネックウォーマーや耳あてなどの防寒対策も時には必要です。

今日の様な風が強い日は、山頂まで着いたら、更にダウンやフリース

などを更に着れる様に準備した方が良いですね。

山は既に冬の準備をしている様な雰囲気になっています。

毎年10月中旬には一度雪が降ります。

天気予報をチェックし、暖かい格好でお越しください。

ニセコアンヌプリ見返坂の登山道状況

  • 2016.09.12 Monday
  • 15:37

今日はニセコアンヌプリの見返坂の状況を見てきました。

五色温泉郷から林道を通り、見返坂へ向かいました。

見返坂からのニセコアンヌプリ山頂と五色温泉郷の分岐点です。

 

山頂方面の草刈りが行われていない為、写真の様な状態。1本道

なので、迷うことはないですが、長袖長ズボンでないといけないですね。

 

先ほどの分岐からすぐの所には、足場が悪い場所。

ここは毎回大きな水たまりが出来ている所ですね。

最近、雨が続いていたので、なかなか水たまりもなくならない様です。

 

ここのコースでよく見かけるのが、下の写真の赤い実。

オオカメノキです。とても目立ちます。

葉っぱも赤く染まりつつあります。すでに真っ赤くなっているのも

ありました。

 

気に絡みついているツタウルシも少しずつ赤い葉に変わりつつ

あります。

 

ミゾソバやミヤマトウバナも多く咲いていました。

 

アンヌプリスキー場のゴンドラよりニセコアンヌプリ山頂を目指し、

そのまま五色温泉郷側に下りてきて、見返坂を通りながら、アンヌプリ

スキー場側へ戻る事も出来ますよ。

沼めぐりは時間がかかりすぎるし。。。ってお考えの方は、この様な

ルートも考えてみてはいかがですか?

 

紅葉シーズンももうすぐです。

このコースで、ニセコアンヌプリと五色温泉郷周辺の紅葉を両方堪能

する事も出来ますよ。

2016.9.4 NACトレイルラン開催に伴う登山道注意

  • 2016.09.03 Saturday
  • 12:09

台風が過ぎ、登山日和もつかの間、本日は曇りですが、この辺り

一帯はガスに覆われています。

そんな中、ツール・ド・北海道が行われ、当センター前の道道58号を

9:45頃に選手達が凄い勢いでロードバイクを走らせていました。

 

明日は、NACトレイルランの大会が行われます。

道は大丈夫ですが、ニセコアンヌプリを走り回る大会なので、

明日ニセコアンヌプリを登ろうとお考えの方は注意が必要ですよ。

 

8時ヒラフ側からスタートで、30kmコースはそのままニセコ

アンヌプリ山頂まで来ます。その後、ニセコアンヌプリスキー場

側へ下り、見返坂を通りつつ、ニセコ野営場まで来ます。

その後、五色温泉郷コースであるルートを通り、再度ニセコアンヌプリ

山頂に向かい、またヒラフ側へ下りていきます。

 

10時頃〜お昼過ぎまではトレイルランの選手が駆け上がる予定の為、

登山客の方には周りに注意しながらの登山となり、なかなか進まない

状況があると予想されます。

 

明日も曇り予報で、ガス次第ですが、登山しやすい天気となる可能性

があります。

状況、時間など確認して登山計画して下さい。

 

ニセコアンヌプリ&イワオヌプリ登山道状況

  • 2016.09.01 Thursday
  • 11:46

台風の影響による登山道の状況を確認しに

ニセコアンヌプリとイワオヌプリに行ってきました。

 

 

倒木がある場所もありますが、通行には影響ありません。

 

 

 

登山道はだいぶぬかるんでいます。

しっかりとした登山靴を履きましょう。

 

また、岩の上が濡れていて滑りやすいので注意してください。

台風後の五色温泉郷周辺の登山道

  • 2016.08.18 Thursday
  • 15:00

台風一過となった本日の天気は晴れ。

心配なのが登山道。

ニセコアンヌプリとイワオヌプリ、ニトヌプリの下の方の登山道を

見てきました。

昨日は雨風は強かったですが、他の地域ほど大雨にならなかったので、

登山道は問題ない様です。

 

まずはニセコアンヌプリ。

思った以上にはぬかるみもなく、登山口に近い下の方だけが注意必要です。

木陰のぬかるみゾーンの後は、日当たりも良いので乾いた登山道です。

草刈りもしたばかりなので、歩きやすくなっています。

ただ、刈った笹が登山道にあるので、足元には注意が必要です。

一つ目の見晴台後の危険箇所。

ここも草が刈られているので、落ちそうな崖側もすっきりして

見やすく、安全に通行できます。

この辺りの見頃の花は、ヨツバヒヨドリ・ヤマハハコ・

ミヤマアキノキリソウですね。

エゾオヤマリンドウの蕾が出始めましたよ。

 

さて、次はイワオヌプリです。

五色温泉橋を渡ったすぐの展望台では危険箇所があります。ご注意を。

本日修理中ですので、明日には直っているといいのですが。

 

イワオヌプリの登山道です。ここもニセコアンヌプリと同様で、

草刈りしたばかりの為、登山道には刈られた笹がありますので、

足元注意していきましょう。

途中まで行きましたが、水たまりになっている所が1ヶ所あるだけです。

湿った岩などに注意が必要ですが、問題はないですよ。

落石注意の場所も通常通り。周りの人に気を付けながら進んで下さいね。

 

次にニトヌプリの危険箇所まで行ってみました。

ロープ場も今までと変わらないですね。

ロープの強度も変わらず、登り下りで掴んでも大丈夫ですよ。

一番心配していた、崩れた登山道。

ここも今までと同じですね。少し更に崩れている気はするものの

ロープもありますし、通行には十分気を付けて下さい。

お花はだいたい同じようです。

イワオヌプリの登山口へ行くまでにあったネジバナはまだ健在でした。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Yahoo!天気・災害

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM