8月17日神仙沼

  • 2017.08.17 Thursday
  • 15:08

神仙沼の様子を見てきました。

 

神仙沼レストハウスから神仙沼まで、片道約30分ほどです。

木道が敷かれているので歩きやすいですが、

雨の日は滑りやすいです。まだ枝葉が木道脇や頭上から出ているところもありますので十分に注意してください。

 

また、湿原にはくれぐれも立ち入らないようお願いします。

湿原は植物などが堆積した泥炭というものでできています。

泥炭は1兩僂濬鼎覆襪里法■隠闇はかかると言われています。

 

軽い気持ちで足を踏み入れたことで、

その一瞬で、100年ほどの歴史が壊されてしまいます。

 

 

草が生い茂り道が狭く感じられます。

 

池塘に囲まれた木道。

ニセコ湖沼ウォーキングのマップの表紙になっている場所です。

 

 

神仙沼の様子です。ミツガシワの葉が目立ちます。

木道沿いにサワギキョウが咲いています。

 

 

 

木道沿いのナガボノシロワレモコウの花とミタケスゲ。

 

 

最初に現れる池塘には、ネムロコウホネの実。

 

池塘の向こう側を見ると、サワギキョウが群生して咲いていました。

 

 

ウメバチソウも見ごろです。

真っ白いお花で真上を向いて咲いているので、

ちょうどいい明るさで写真を撮るのが難しいお花です。

 

そのほか、

【開花】イヌゴマ、ミヤマアキノキリンソウ、アリドオシラン、ノリウツギ、イブキゼリモドキ、タチギボウシ、チングルマ、

【色づいた実】オオカメノキ、アカミノイヌツゲ、クロツリバナ、オオバタケシマラン

などがありました。

 

早くも秋の気配が漂っています。

お花の種類はピーク時に比べたら少ないですが、

色づき始めた木々の葉や実など、

この時期ならではの魅力があります。

7月24日 神仙沼展望台と神仙沼

  • 2017.07.24 Monday
  • 16:23

神仙沼展望台と神仙沼の様子を見に行ってきました。

湿原の池塘周辺ではトンボが多数見られました。

 

神仙沼レストハウスから神仙沼展望台 片道約5分

神仙沼レストハウスから神仙沼 片道約30分

トイレ、駐車場、売店:神仙沼レストハウス

 

ときどき、車で向かったけれど、神仙沼レストハウスがわからなくて

通り過ぎて岩内まで行ってしまうところだった、というお客様がいらっしゃいます。

 

道道66号パノラマラインをニセコ・昆布方面から上がっていくと、

雪秩父を過ぎ、右折すると五色温泉へのT字路をそのまま直進します。

ぐにゃぐにゃとカーブの続く道を道なりに進み、どんどん標高を上げていきます。

チセヌプリとニトヌプリの間を過ぎると共和町の看板が現れます。

 

神仙沼はまだ先です。

さらに道なりに進むと、まずは右手に大谷地駐車場が見えます。

それから、40劼梁度制限の道路標識があり、その先に、

「横断歩道あり」の黄色い看板が設置されています。

 

この看板を過ぎて左にカーブするときに、正面に神仙沼レストハウスが見えます。

 

通り過ぎてしまうと、その先しばらく何もありませんのでお気をつけください。

 

それでは今日の神仙沼の様子です。

 

お天気が良いです。

 

神仙沼レストハウスです。コーヒーなども飲めます。

 

その右隣に、公衆トイレがあります。

 

展望台へは公衆トイレの右側の道を歩いていきます。

 

 

足元は木道です。特に荒れている箇所もないので、比較的気軽に行けます。

 

5分ほどで展望台に着きました。

 

日本海や積丹半島が見えます。

 

神仙沼方向へ戻ります。木道入口付近からチセヌプリが見えました。

 

神仙沼へ向かいます。

 

クロツリバナの実です。

ところどころ木の名前が書いてるので親しみやすいです。

 

ミヤマアキノキリンソウが咲き始めています。

 

 

ミヤマホツツジも咲き始めです。

 

マイヅルソウの実も見つけました。

 

ツクバネソウも実を結んでいます。

 

湿原では

コバギボウシが見ごろです。

 

トキソウはピークを過ぎています。

 

こちらも少し変わった形ですがお花です。

ワレモコウといえば、漢字で書けば「吾亦紅」ですし、

赤い花を思い浮かべる方が多いかと思いますが、

神仙沼のワレモコウは、ナガボノシロワレモコウという種類で、真っ白です。

 

 

池塘ではネムロコウホネが見ごろです。

 

また、池塘周辺ではトンボがかなり多いです。

 

カオジロトンボとルリイトトンボ。

 

カオジロトンボの交尾。

 

また羽化直後、羽を乾かしている個体も見つけました。

 

ウメバチソウは咲き始めです。

 

 

エゾノマルバシモツケのお花です。

 

小さくて白い可憐なお花がたくさん咲いています。これは・・・、

 

食虫植物のマルバノモウセンゴケの花です。

お花の大きさですが、本州のものよりもかなり大きい気がします。

 

 

 

 

6月26日 神仙沼

  • 2017.06.26 Monday
  • 13:56

今日は神仙沼へ登山道のようすと、お花のようすを見に行ってきました

 

コースタイム:往復で1時間

トイレ:神仙沼レストハウス横

 

あいにくのお天気ですが、出発です。

 

注意喚起の看板があります。

ツタウルシには触らないようにしましょう。

また、足元の木道は雨で濡れているため、ぬるぬるして非常に滑りやすいです。

 

滑り止めの横板に足を乗せ、一歩ずつ着実に進みましょう。

 

歩き始めてすぐに、

マイヅルソウの群落に出会えました。

今が見ごろです。

 

 

ツクバネソウも咲いていました。

こんな形ですが、お花です。

 

 

看板に距離や「がんばってね」等のメッセージがあります。

 

オオカメノキのお花が咲いていました。

 

こちらもオオカメノキです。お花が散って実を結び始めています。

 

 

三叉路に出ました。

この先は下りです。右は階段なし、左は階段あり。

どちらが楽ですか?と聞かれることがありますが、好みでしょう。

今日は左、階段ありのほうへ進みます。

 

ウラジロナナカマドのお花が咲いていました。

 

草木が生い茂っていました。

 

看板に励まされながら進みます。

 

階段です。

 

ところどころ、樹木の名前の看板があります。

ミネカエデ、と書いてありますね。

このミネカエデ、実は今お花の時期なんです。

どんなお花が咲くか想像できますか?

 

 

コチラがミネカエデのお花です。

少し地味ですがたくさん咲いているのですぐに見つけられるでしょう。

 

そしてまだらになったミネカエデの葉っぱ。

どうしてまだらなのでしょうか?模様?それとも病気?それとも・・・?

 

実はこれ、

「虫こぶ」と言って、虫の卵なんです。

 

 

さて、ベンチが現れました。

雨でなければここで一休みする方も多いのではないでしょうか。

 

 

さらに進むと、突然鳥が道を横切りました。

私の気配を感じて飛んだのでしょう。

ラッキーなことに、目の前にとまり、「フィー、フィー」と鳴きます。

「ウソ」という鳥です。

 

写真はありませんが、今日はウグイス、アオジ、ツツドリの声も聞こえました。

またハクセキレイも姿を見せてくれました。

 

長沼との分岐に、案内の看板があります。

もう少しで湿原エリアです。

 

ツマトリソウが咲いていました。

 

湿原エリアです。ガスがかかっていて幻想的です。

 

今日は雨なのでボリューム感がないですが、

ワタスゲが見ごろです。

 

 

 

池塘にミツガシワが咲いていました。

 

神仙沼に到着しました。

 

チングルマの果穂も濡れてふわふわ感がないですが見ごろと思われます。

 

エゾノマルバシモツケが咲き始めていました。

水滴がキラキラしていました。

雨の日ならではですね。

 

マルバのモウセンゴケも粘着部分が水滴でキラッキラ。

 

ショウジョウバカマは実を結び始めていました。

 

幻想的です。

 

帰りは、階段なしのコースを歩きました。

木道がガタガタしていたり、斜めになっていったりするので、

真っ平、というわけではありません。

 

 

帰り道、ちょっと珍しいものを見つけました。

通常は4枚葉のツクバネソウです。

5枚葉のツクバネソウは初めて見ました。

神仙沼〜長沼

  • 2017.06.06 Tuesday
  • 11:44

 

神仙沼。

木道上に残雪はありません。大きな破損箇所もなく、本格的な登山靴でなくても歩行可能です。

 

 

神仙沼周辺はミズバショウをはじめ、ワタスゲの果穂、ショウジョウバカマの花、イチゲなどが咲き、

華やかになりつつあります。アカミノイヌツゲの実もありました。

 

 

 

若葉が鮮やかで積丹半島方面もきれいに見えました。

 

 

 

 

長沼

神仙沼からきてたどりつくベンチのあたりまでは多少湿った箇所があります。

それ以降はところどころぬかるみや残雪があります。

降雨や融雪で状況は日々変わると思われます。

笹薮をすっぱり切ってある箇所の通過には十分注意してください。

今日は長沼を半分ほど行ったところで折り返してきました。

 

 

帰りにふとシャクナゲ岳方面のとある稜線が見えました。こちらも新緑がきれいでした。

 

神仙沼の紅葉状況

  • 2016.10.13 Thursday
  • 15:34

神仙沼と大湯沼周辺の紅葉状況を確認してきました。

 

ここ五色温泉郷と神仙沼の標高はほぼ同じため、紅葉の進み具合も

同じでした。

落葉が進み、ツタウルシなどの葉はなくなり、赤色が少しずつ減って

いました。

それでも、ハウチワカエデやミネカエデなどまだまだ色づいている

ものもあります。

 

 

湿地帯に出ると、一気に景色が変わります。

全面赤や茶色の草紅葉が広がっています。

遠くに色づいている場所も見ることが出来ます。

 

神仙沼周辺もまだまだ紅葉が残っています。

やはり日射しが出ている時が綺麗ですね。

今日は日差しがなく、風が強いので水面も波立っていました。

 

帰りの木道では、階段なしの道を通ると、共和・岩内方面のパノラマ

ラインが見えます。

標高高い所の紅葉は終わっていますが、下の方は紅葉中ですね。

 

神仙沼をあとにし、湯本温泉の大湯沼に立ち寄ってみました。

今の見頃はこの辺りです。

赤色の木々も混じり、綺麗に見えます。

これからどんどん紅葉前線が下りていきます。

 

日中の気温が上がらず、冬目前となり始めています。

この辺り周辺ではアラレが降る事も多く、たまに雪がちらつく事も!

この3日間、山では雪が降り、今日のうちに登山道の雪もだいたいは

融けていますが、山頂付近はまだまだ残っている様です。

登山中、足元には十分気を付けて下さい。

また車でお越しの際、朝晩は特に路面凍結の恐れもあります。

冬用のタイヤに履き替えておいた方が良いですよ。

もうすぐ紅葉見頃の神仙沼

  • 2016.09.23 Friday
  • 15:32

紅葉シーズンの神仙沼は皆さん気になる所。

五色温泉周辺の紅葉はもう少し先の様なので、神仙沼の様子を

見に行ってきました。

全体的に緑から黄色や赤色に変化しつつある木々の木道を進んで

いきます。

下の写真、向かって右側はオオカメノキ。左側はツタウルシです。

 

他にもハウチワカエデも赤色に変化中です。ナナカマドも赤い実を

つけて紅葉し始めていました。

 

赤色以外にも、黄色に変化中のミネカエデ。

 

樹林帯を抜けたすぐの紅葉は、本日で一番きれいな場所。

 

湿地帯は全体的に黄葉が始まってます。

秋を感じますね。

 

神仙沼周りはまだ紅葉が早すぎました。

水面近くにあるサワギキョウは綺麗に黄葉していましたが、

周りの木々がまだまだの様です。

このシルバーウィークの連休中では早すぎました。来週辺りになると

更に紅葉が進んで良いんでしょうね。

 

神仙沼も五色温泉郷も観光客が多くなっています。

天気が良い土日には、駐車場も午前中のうちに満車になっています。

これから2〜3週間、ニセコ周辺は紅葉見頃。

秋を感じに来てください。

神仙沼・長沼

  • 2016.08.27 Saturday
  • 10:53

昨日、午後になって雨が上がったので

神仙沼と長沼に行ってきました。

 

ウメバチソウが見頃でした。

小さい花が神仙沼の湿原にたくさん咲いています。

 

他には

サワギギョウもまだ咲いています。

 

ナガボノシロワレモコウ

 

クロツリバナも綺麗に吊っていました。

 

ツタウルシが赤く色づき始めています。

綺麗だからといって、触らないように気を付けて下さい。

かぶれますので注意してください。

 

神仙沼湿原

 

長沼

 

 

夏の終わりを迎える神仙沼、大谷地

  • 2016.08.12 Friday
  • 15:19

そろそろ夏のお花も終わりそうな季節となり始めました。

シーズンごとにお花が代わる神仙沼へ行ってきました。

やはりまたまたお花が交代していました。

 

青々した神仙沼

 

神仙沼周りにはサワギキョウが咲き始めています。

 

湿原には白のお花があちこちに見え始めています。

ウメバチソウですね。

 

もうタチギボウシは終わり始めています。

元気な子もまだいました。

 

神仙沼駐車場から行く、展望台にも行ってみました。

 

ここも駐車場から木道200mで展望台へ行けます。

展望台からの眺めは最高です。

もちろん日本海まで見えますよ!!

 

帰りに大谷地にも寄ってみました。

フナスギナです。群生は日本でここでしか見れないのです。

 

他にもいろいろなお花が咲いています。

キク科の白のお花、エゾゴマナ。

 

ほとんどが8〜9月に咲くお花ばかり。

今まで咲いていたお花はだいたい実を付けています。

 

最近、朝晩が涼しくなってきています。

だんだん秋のお花へと代わっていきそうです。

季節の変化がよく分かりますね。

大谷地〜神仙沼の登山道状況

  • 2016.07.20 Wednesday
  • 15:24

やっと天気も良くなってきたので、大谷地から神仙沼へ歩いてみました。

大谷地の駐車場に車を止め、道路脇にある登山道からスタート。

看板もあり、スタートポイントもすぐに見つけられますよ。

 

このルートは沼めぐりコースの一部。半分は普通の登山道、半分は木道です。

その木道は滑りやすく、所々に写真の様な穴もあいています。

注意しながら進んでください。

登山道もぬかるみが多いです。しっかりとした靴で行きましょう。

緩やかな登りで25分で神仙沼に到着出来ます。

 

この登山道にはハナニガナやシロバナニガナ、ハイオトギリ、

ヒオウギアヤメなどが咲いています。

神仙沼近くの森の中ではギンリョウソウも多く隠れています。

 

神仙沼に到着。

真っ先に目に入ってくるゼンテイカ。今が見頃ですね!

ちょっと遠いですが、群生して咲いています。

もちろん写真を撮れる近いものもありますからね。

 

白のナガボノシロワレモコウも咲き始めました。

 

湿原の中はトキソウでピンク色が広がっています。

 

その中に、モウセンゴケも小さな白い花を咲かせています。

 

水面にはネムロコウホネの葉が広がり、その中に今日は1輪だけですが

黄色の花も咲き始めました。

 

タチギボウシも咲き始めてきました。

 

ワタスゲやチングルマは終わり始め、新たな花が咲いてきています。

湿原ではたくさんのトンボが飛び、夏を感じますよ。

夏の花を見に来てください。

神仙沼

  • 2016.06.30 Thursday
  • 13:12

神仙沼のワタスゲの群生が気になったので行ってきました。

 

じゃーん、

盛りは過ぎたころですが、まだ見頃です。

 

他にも、

ミツガシワや

 

イソツツジ

 

ヒオウギアヤメなどが湿原に咲いていました。

 

こちらはギンリュウソウ

まだ開くのにはもう少しかかりそうです。

 

オオバスノキも見られました。

 

ツマトリソウなどが咲いていました。

 

神仙沼までの木道も整備され、歩きやすくなっています。

 

初夏を迎えた神仙沼は綺麗ですよ。

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Yahoo!天気・災害

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM